起業コラム

2020.11.11

起業する時に必要になる費用ってどのくらいかかる? 〜「0円起業」のすすめ〜

こんにちは!
スタートアップカフェ コーディネーターの小磯です!

今回は『0円起業・開業』をテーマに取り上げます。

最近、コロナ禍で今後のキャリアとして独立をご検討される方も多く、当施設にも多くの方々が訪れます。
その中でもよくある質問が「起業(開業)したいけど敷居が高い」、「お金がかかりそう…」と言ったようなものです。

こちらの記事を読んでいただくと
「起業・開業=初期費用から金銭面での負担が大きい」という漠然とした不安を解消し、一歩踏み出してもらうきっかけにしていただければと思います。
また、今の現状を資金や人との繋がり、はたまた経験値などが理由で自分で何かを始めるのにハードルが高いと感じていらっしゃる方々の一助となれば幸いです。

 

1. 0円起業・開業とは

 

まず初めに「0円」の前提を揃えましょう。
ここでは資金調達などを行わなくてもはじめられるビジネスのことを「0円起業・開業」と定義することにします。

ですので、例えば商談時に発生した交通費などはこの中に含まれておりませんのでご注意ください。

 

2. 起業のハードルは下がっている

 

資金面などの不安があって相談にいらっしゃる方々のほとんどがご自身が新しい事業を始めるのにどれくらいの費用がかかるかを把握されていません。

とても漠然とした不安だけをお伝えいただくのですが
以下のような話をすると皆さん、「すごく大掛かりなことだと捉えていましたが、思っていたより簡単なんですね」とおっしゃいます。

ここで少し質問ですが、読者の皆様は今から20年ほど前に会社を登記した場合どれくらいの費用がかかっていたかご存知ですか?

昔は株式会社だとおおよそ1000万円、有限会社でも300万円の資本金が必要でした。

しかし現在は理論上、資本金が1円でも会社を登記することが可能になっております。

 

また、その他設立にかかる費用は法人登記だと株式会社で30万合同会社だと10万ほどで行うことが可能です。
行政からの支援などを受けた場合は登記にかかる設立費用はさらに削減されます。
(こちらの内容はまた追々別の記事を執筆しますので、ご興味のある方はぜひメルマガ登録くださいませ笑)

また、最近はフリーランスや個人事業主として活躍されている方も多く、こちらに関しては税務署で開業届を出すのみで開業に関して特別な費用は発生しません。
おそらく多くの方々は一昔前のイメージをお持ちで、ハードルが高いものだと思っているのかもしれませんね。

あなたに最適な第一歩の踏み出し方とは? – 「起業」の選択肢

 

3.個人事業主や複業(パラレル)から始めることも出来る

 

また会社員の方からは、「起業するなら会社を辞めないといけないのではないか」
その他の方からも、「起業するなら会社をつくらないといけないのではないか」
といったようなご相談もお受けすることがあります。

確かに法人を設立しようとすると、設立費用や法人税などが発生します。

しかし個人事業主であれば、そういった設立費用などは不要ですし
手続きも簡単で、税務署にいって開業届を出すだけで完了です。

年度末の確定申告が少し手間がかかりますが、こちらに関してはご自身で行うことも可能です。

私がお勧めする比較的リスクの少ない方法としては、
お勤めの方などは特に、メインの収入がある状態で複業として少しずつ事業を始めていき
複業の収入がメインの収入を上回ったらそちらの方に注力するというような方法などもあります。

 

https://startupcafe-ku.osaka/journal/column/1696/

 

4. 起業準備に使えるツール

 

また、現在はビジネスを始めるにあたってPCなどのハードはもちろん
各種サービス等のソフト面でもかなり価格が下がってきているため、20年前より確実に起業や開業のハードルは年々下がっていると思います。

そんな筆者自身も最初は資金0の状態から始めていき、
デザイン業務はGIMPInkscapeを最初は使っていて(法人案件が増えるにつれ、すぐにAdobeを契約しましたが)
見積書や請求書の発行は弥生会計のMISOCAを活用していたり
契約書のやりとりはクラウドサイン
電子定款の作成などはLeagalScriptさんに大変お世話になりました。
※ちなみに電子定款を自分で用意すると株式会社設立費用の4万円が削減できます

(こちらについては過去記事で便利なサービスを複数ご紹介してるので、そちらを参照ください。)

1人でも大丈夫!起業準備の時に使えるサービス・ツールまとめ!

5. まとめ

 

そうはいっても、なかなか1人で計画的に事業開始するのは難しいですよね、
そんな時にこそ、今回の記事を参考にして頂き、ぜひお気軽にスタートアップカフェにご相談にいらしてください!
土日祝平日の12:00〜21:00いつでもお待ちしています!

 

無料で起業相談する

相談したい方のお問い合わせ先

相談予約はこちらから

※ 電話の受付時間は12:00から21:00です。(土日祝も営業)

ジャーナル一覧へ戻る

新着記事

カテゴリー

タグ

相談予約