起業コラム

2020.08.04

ツールを使って手軽に!オンラインサロンの始め方

こんにちは、スタートアップカフェ大阪コーディネーターの小谷 爽です。

普段ご相談に乗っていて「オンラインサロンの始め方が知りたい」というお声をよく聞くので、
今回はWEBツールを活用したオンラインサロンの始め方についてご紹介したいと思います。

既存のWEBツールを活用すれば手軽に始められるので、
始めてみたい方必見です!

オンラインサロンとは?

オンラインサロンとは、WEB上で展開される月額会員制のコミュニティを指します。

月額会費を払えばオンライン上のコミュニティに参加でき、
そこでしか知り得ない情報や人との交流ができるといったサービスになります。

有名なオンラインサロンとして、下記のようなものが挙げられますね。

  • ・西野亮廣エンタメ研究所
  • ・HIU(堀江貴文イノベーション大学校)
  • ・人生逃げ切りサロン
  • ・落合陽一塾
  • ・ファーストペンギン大学
  • ・PROGRESS

 

有名なオンラインサロンは、ほとんどが有名人が主軸となっている印象ですね。

オンラインサロンはどうやって始められる?

オンラインサロンはWEBサービスを活用すれば手軽に始めることができます。
無料で使用できるサービスが多く、初期費用もかからないのがほとんどです。

しかし、オンラインサロンの難しさは毎月参加費を徴収するというところ。
ちゃんと参加費を払っていただいた方のみログインできる仕組みでないと、オンラインサロンの意味を成しません。

 

Facebookページ

Facebookが提供しているサービスで、企業やグループ向けのアカウントであるFacebookページというものがあります。

Facebookアカウントさえあればチームを手軽に利用することができます。

デメリット メリット
・本名でしなければならない
・Facebookのアカウントを作らなければならない
・決済の仕組みを自分で用意しなければならない
・メンバーが本名なので、炎上しにくい
・Facebook利用者が多いので、登録の手間が少ない
・費用が一切かからない
・非公開、秘密のグループを気軽に作ることができる
・ライブ配信ができる
・審査がない

Facebookは全体的に見てほとんどデメリットがないと思います。
他のプラットフォームと比べて費用がかかりませんし、審査がないというのは大きなメリットだと感じます。

ただし、一番面倒なのが決済。
Facebookは決済機能を備えていないので、自分で用意しなければなりません。
有名なオンラインサロンでも、PaypalやStripeと組み合わせて会費を徴収しているところもあります。

 

DMM オンラインサロン

DMM.comが提供しているオンラインサロンサービス。
ホリエモンや落合陽一などがオンラインサロンを開設しており、知名度も高いことで有名です。

デメリット メリット
・手数料がかかる(売上の20%程度)
・入会審査がある
・カスタマイズしにくい
・決済機能がついてくる
・オンラインサロン用に作られているので、カスタマイズの手間が省かれる

オンラインサロン用のサービスなので、決済機能も付いてくるのは非常に便利です。

しかし、DMMオンラインサロンとしても有益な情報を発信するサービスでありたいと考えているので、
コンテンツ発信に適切な人かどうか判断する審査があります。
ある程度コンテンツが固まっていないと審査に落とされる可能性があるので、気軽に始めるのは難しいかもしれませんね。

Campfire Community

クラウドファンディングで有名なCampfireが提供しているサービス。
オンラインサロン用ではありませんが、有名なオンラインサロンもあります。

デメリット メリット
・手数料がかかる(売上の10%程度)
・オンラインサロンに最適化はされていない
・決済機能がついてくる
・一部無料で参加することができるサロンがある
・審査がない
・月額会員でなくても、有料コンテンツを購入することができる

こちらは審査がなく、誰でも気軽に開設できるのは大きなメリットです。
さらに決済機能も付いてくるので、手軽にオンラインサロンを始めたいという方には向いていると思います。

ただし、手数料として10%ほど取られるので、要注意です。

 

Fever

Asobicaが運営しているオンラインサロンサービス。
コミュニティ独自のコインが発行でき、メンバー同士の交流が活発なのが特徴です。

デメリット メリット
・チケット発行時に費用が発生する(8,900円)
・知名度があまり高くない
・コミュニティ開設は無料
・コミュニティ独自のコインを発行することができる
・メンバー同士の交流が活発
・コインで会費を払うことができる
・審査がない

コミュニティ独自のコインを発行することができるのは、メンバーとの一体感を上げる大きな起爆剤となります。
より密なコミュニティを作りたい場合はおすすめできます。

オンラインサロンは手軽に開設できる!

オンラインサロンは意外と手軽に始めることができると感じていただけましたでしょうか?

手数料などを抑えたい場合はFacebook+Paypal or Stripeがベストですが、
大きく成長させたい場合は既存のプラットフォームを活用してみるのもオススメです。

起業相談はスタートアップカフェ大阪まで!

オンラインサロンを始めることも、立派なビジネスです。
「自分の考えやスキルを発信したい!」と思い立った時、オンラインサロンで起業してみませんか?

スタートアップカフェ大阪では無料で起業相談に乗っていますので、
「こんなオンラインサロンはできるかどうか?」
「オンラインサロンをしてみたいけど、アイデアが固まっていない…」
という方、お気軽にご相談下さい!

ご相談は、下記にあります「相談予約」のボタンからご予約下さい。

それでは!

相談したい方のお問い合わせ先

相談予約はこちらから

※ 電話の受付時間は12:00から21:00です。(土日祝も営業)

ジャーナル一覧へ戻る

新着記事

カテゴリー

タグ

相談予約

イベント一覧